【厳選】今すぐ1万円借りたい!真っ当な調達法5選とは?

  • 今すぐ1万円借りたいんだけど、どうすれば良い?
  • 1万借りる為に、友達に頭下げたくないなぁ…
  • 1万円と言わず5万、可能なら10万円くらい借りたいんだけど…

 

お金の工面で頭を悩ますサラリーマン

 

今すぐにでも1万円が借りたいといった時にはどんな方法があるのか?

 

あなたはすぐに思いつきますか?

 

1万円という額ですので金融機関から借りるとしても、ハードルは低いでしょう。

 

ただし、たとえ1万円でも間違った調達方法をとってしまうと、借金生活が長くなるリスクがあります。

 

お金を借りるというのは、それなりのリスクと背中合わせだからです!

 

このページでは、今すぐ1万円借りたいという人のために、真っ当な調達方法の中から厳選して5個をご紹介しています。

 

もしもあなたが、今すぐ1万円借りたいとお考えであれば、このままこのページを読み進めて下さい。

 

 

登録貸金業者から借りる

 

今すぐ1万円を借りる方法の中でも、最もおすすめな方法としてはキャッシングを利用することです。

 

カードキャッシング

 

特に大手のキャッシング会社だと、即日での融資を受けることも難しくありません。

 

キャッシング会社と言っても、その種類や数は様々で、中には法律無視の闇金も含まれますので注意しましょう。

 

ここでいう「貸金業者」というのは、貸金業法で「金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介で業として行うものをいう」と定義されており、貸金業法を遵守している業者のことをいいます。

 

簡単にいえば、真っ当な業者ということです。

 

大手の貸金業者であれば、無利息期間が設定されているケースもあるので、借りた1万円はすぐに返すのなら利息の支払いをしなくてすみます。

 

プロミス

 

プロミスでは、メアド登録とウェブ明細登録で、はじめての人限定ではありますが、借り入れ翌日かから最大30日間の無利息サービスが受けられます!

 

今すぐ1万円借りたい人の場合、ウェブで審査を申し込み、スマホのカメラで書類を撮影して送信、審査を待って通過すれば、今すぐ1万円が借りられます!

 

30日以内に返済すれば、1万円に利息も付くことなく返済が可能です。

 

借入や返済方法も口座振り込み、ATM、提携銀行ATM、コンビニATM、店舗窓口、インターネットと種類が多く、手軽に利用できる点も嬉しいポイントです。

 

アイフル

 

ご融資が可能かどうかを1秒で診断できる「1秒診断」サービスが準備されています。

 

WEB完結であれば、郵送物が一切ない状態のでキャッシングも可能です。

 

アイフルでも初回サービスが準備されており、契約翌日から最大30日間の無利息サービスが受けられます。

 

SMBCモビット

 

申し込みの曜日や時間他によりますが、即日融資にも対応可能となっています。

 

もしもあなたが以下の条件を満たしているのなら、ウェブ完結申込の利用が可能となります。

 

  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行の銀行口座を持っている
  • 社会保険証もしくは組合保険証
  • 給与明細書(直近2か月分)

 

WEB完結申込が適用されれば、郵送物だけでなく、在籍確認や本人確認の「電話」もカットできます。

 

 

 

1万円のみを借りるのなら、アルバイトやパートの人でも審査がそこまで厳しくならずにすむでしょう。

 

プライバシーへの配慮もしてくれますので、内緒でお金を借りることも可能です。

 

こうした条件を考えると、ここまで紹介した方法よりもキャッシングがおすすめになります。

 

ただ同じキャッシングでも中小の街金になると、即日融資に対応している業者も少なくなるので注意してください。


 

質屋から借りる

 

少額のお金を借りる時には質屋を使う方法もあります。

 

最近ではブランド品や貴金属の買取をするイメージが強いですが、本来はお金を借りる場所でもあるのです。

 

基本的なシステムとしては持ち込みをした商品の査定を受けて、その額分を借入するといった形になります。

 

商品を担保にしてお金を借りることになるので、買取よりも低い額になることが多いです。

 

ただ1万円という額であれば、そこまで貴重なものでなくとも付けてもらえるでしょう。

 

一般的に質屋の返済期間は3ヶ月以内となっていて、この期間内に返済する約束です。

 

ただ返済ができなかったとしても、担保にした商品が戻らなくなるだけなのがポイントになります。

 

つまり借りたお金の返済はしなくても大丈夫です。

 

ただし質屋でも返済には金利がつきます。

 

この金利が月利にして9%、年利にすると109.5%が上限となっていて、かなり割高だと言えるでしょう。

 

家族や友人から借りる

 

1万円という額を考えると、質屋などを使わずに家族や友人から借りるという手段もあるでしょう。

 

ただお金の貸し借りというのは、関係性を悪化させるものでもあります。

 

誰だってお金を貸してくれといわれて良い気持ちがするはずがありませんので…。

 

友人と何度も貸し借りを繰り返していると、いずれそれが当たり前のような感覚になってしまい、ある日突然、いつもの感覚で返済が遅れることを友人に伝えると…。

 

烈火のごとく怒られた…、なんてこともあります。

 

「なんだよアイツ、アイツだって返済が遅れたことあるのに自分だけ怒りやがって…」

 

自分だけが損したような気分なりますが、そもそもお金の貸し借りをしている時点で原因もお互い様なのです。

 

ようは表面上はお互い様だからと気分よく貸してくれていても、内面ではストレスが溜まっていていつ爆発してもおかしくないような状態になっていることが多いのです。

 

ちょっと虫の居所が悪いだけで、いつ暴発してもおかしくありません。

 

そのため少額であっても、借りるのであればそれなりの覚悟が必要です。

 

それでも友人や身近な人から今すぐ1万円貸してもらおうというのであれば、きちんと返済をするようにしてください。

 

返済する時に、おまけでグミやフリスクなどを1個買って、利息替わりに付けてあげるなど、何らかの配慮があると関係性悪化のリスクが減らせます。

 

家族や友人といった関係性に甘えるのではなく、いつまでに返済すると決めたのなら確実に行うようにしましょう。

 

この約束を破ってしまうようだと、関係が悪化してしまっても文句は言えません。

 

身近な人との関係悪化は、人生の幸福感にもダイレクトに悪影響を及ぼします。

 

例えどんな理由があっても、返済ができなければ縁を切られる可能性があります。

 

最悪の場合は借りたお金を返さないという話が、当人だけではなく周囲に拡がることも考えておくべきです。

 

つまり家族や友人というのは気軽に借りられるようでいて、実はかなりリスクの高い方法だと言えるでしょう。

 

銀行のローンを利用する

 

銀行では多様なローンを用意しています。

 

その中で用途が限定されないものを考えるとこちらの2つあります。

 

  • カードローン…キャッシングと同様に、枠をもらって借入をするタイプ
  • フリーローン…借り切りタイプのもので、借りた後は返済専用

 

一般的にフリーローンの方が金利は低くなるでしょう。

 

キャッシング会社よりも銀行が提供するローンは、いずれも金利が低いのが特徴です。

 

ただし即日での融資ができません。

 

ネットバンクなどは融資までのスピードが速いとされますが、それでも1週間〜2週間はかかります。

 

一般的な銀行だと2週間〜3週間程度は見ておくべきです。

 

1万円という借入額だと審査のハードルも下がるのですが、直ぐに借りることはできません。

 

クレジットカードを使う

 

クレジットカードにはショッピング枠の他にも、クレジット枠(キャッシング枠)がついているものがあります。

 

このクレジット枠を使って、お金を借りることが可能です。

 

ATMなどから借入ができるので便利なのですが、リボ払いにしていないと一括返済になるので注意しましょう。

 

またカードによってはクレジットとショッピングの枠が同一のものがあります。

 

例えば限度額が20万円だとして、既にショッピングで20万円ぎりぎりまで融資を受けていましょう。

 

この時に枠が同一のものであれば、1万円の借入ができません。

 

枠が別のカードであれば問題なく融資を受けられます。

 

クレジットカード現金化には注意が必要!?

 

クレジットカードを使った現金調達法として、「クレジットカードの現金化」という方法があります。

 

これに関しては、少し注意が必要だといえます。

 

簡単にクレジットカード現金化の仕組みについてご紹介したいと思います。

 

  1. まず業者指定の商品を購入する
  2. 購入した商品を業者に買い取ってもらう
  3. 業者から現金を払ってもらうことで現金調達完了

 

ただし、商品を業者が買い取るときは、商品の購入代金の50%〜90%と業者によって幅はあります。

 

例えば、10万で買った商品を業者に売って7万を調達するという方法です。

 

これって凄く損するってことが分かりますか?

 

結局、この方法を使った人は、後日10万円の支払い債務が残った上で、7万円しか調達できないのです。

 

別の考え方をすると、10万円の債務を追って7万円借りるわけですから、借りた瞬間に3万円もの金利というか手数料というか、強制的に負担を負わされる仕組みなのです。

 

クレジットカード現金化の業者の中には、還元率が90%を超えているところもあるようですが…。

 

中には見せかけの数字だけで実際に利用するとなんだかんだで手数料が引かれて、今紹介したような50%とか70%とかの還元率になるケースも多いようです。

 

そもそもクレジットカードの現金化自体がカード会社の規約に違反しているケースが多いですし、見つかればクレジットカードの解約や一括請求などといったペナルティーを課されるリスクがあることも覚えておきましょう。

 

まとめ

 

今すぐ1万円借りたい人の為の5つの方法について解説してきました。

 

結論からお伝えすると、大手のキャッシング会社から借入するのが法律の範囲内での利息で利用可能ですし、実に真っ当な方法だと言えます。

 

その理由としては以下の通りです。

 

  • 大手なら即日融資にも対応している
  • 貸金業者の中では比較的に金利が低い設定
  • 業者によっては無利息期間がついてくる
  • 街金よりもサービスが充実している

 

他の方法でも悪くはありませんが、デメリット部分も目立つので大手のキャッシング会社がベストな選択でしょう。

 

もちろん、キャッシングにデメリットがないわけではありません。

 

返済は確実に行う必要がありますし、もし返済に遅れると以下のようなデメリットがあります。

 

  • 遅延損害金の発生
  • 信用情報機関に傷がつく
  • 新規でクレジットカードやローンを組めない
  • 督促状が自宅や会社に届く
  • 延滞が長引けば裁判沙汰にも発展しうる

 

もしもあなたが、社会人として常識のある行動ができると考えられているのであれば、今すぐ1万円借りる方法としてキャッシングをお勧めします。