【即日融資】今すぐ1万円借りたい!今日中に1万円借りる方法!

  • 「今すぐ1万円借りたいんだけど、どうすれば良い?」
  • 「今日中に1万円を借りる為に、友達に頭下げたくないなぁ…」
  • 「即日で1万円借りるためには、なにが必要なの?」

 

即日で借りた1万円札

 

結論として、1万円といった少額融資であれば、金融機関から借りることは難しくはありません。

 

ただし、たとえ1万円でも「間違った借り方」をしてしまうと、借金生活で苦しめられるリスクがあります。

 

お金を借りるというのは、それなりの「リスクと隣り合わせ」だからです。

 

しかし、正しい知識とリスクの実態を知れば恐れる事はありません。

 

即日で1万円借りれた男性

 

むしろあなたが知らないだけで、お金を借りるサービスを上手に活用して生活されている方はゴマンとおられます。

 

 

国内のキャッシング利用者は1,400万人で、労働者の5人に1人が利用しているそうです。


 

このページでは、今すぐ1万円借りたいという方のために、安全に借りる方法と損をしないための手順や知識をご紹介しています。

 

今すぐ1万円が必要だという急ぎの方にも、「即日融資」で借り入れする為の条件や方法について解説しています。

 

今すぐ1万円借りたいとお考えであれば、このままこのページを読み進めて下さい。

 

走り続ける男性

 

このページを一通り読むことで、あなたが1万円を借りる事で受ける損失やトラブルの回避、また手際よく1万円を借り入れするための方法が理解できます。

 

どうしても読む時間がない場合には、こちらの「今すぐ1万円を安全に借りる方法(ページ内移動)」を確認してください。

 

情報量が多くなっていますので、事前に調べたい事がある方は以下の目次から探してみて下さい。

 

 

今すぐ1万円借りる方法

 

今すぐ1万円を借りる方法の中で最適な方法としては、即日融資に対応している「大手」の消費者金融を利用することです。

 

大手消費者金融からスマホで1万円即日借りる男性

 

キャッシングすると言っても、金融商品を扱う業者は数多く存在します。

 

それらの中には、法律無視の「一部の街金」や「闇金」も含まれますので注意しましょう。

 

ここでいう「貸金業者」というのは、金融庁に届け出を済ませ、貸金業法を遵守している業者のことをいいます。

 

時代に合わせて改正が繰り返された貸金業法によって、年々サービスの質が向上しており、今では銀行と同じような接客やサービス内容となってきています。

 

正規の貸金業者である大手の消費者金融であれば、「無利息期間」が設定されているサービスもあり、短期の借り入れであれば利息無しで借りることも可能となっています。

 

プロミス

 

 

プロミスでは、メアド登録とウェブ明細登録で「借り入れ翌日から最大30日間の無利息サービス」が受けられます。

 

契約日の翌日から適用されるのではなく、初回借り入れした翌日からの適用となる点が注目ポイントになります。

 

今すぐ1万円借りたい方であれば、契約後すぐに借入されると思いますが、それ以外で「今後の為に作っておきたい」といった方にも人気なのがプロミスです。

 

上限利息も大手の中では低く抑えられていますし、毎月の支払いの際の「最低支払金額」も低く抑えられている点も評価されています。

 

利息 無利息サービス 最高限度額 審査結果
4.5〜17.8% あり(借入翌日から) 500万円 最短30分

 

SMBCモビット

 

 

SMBCモビットは、特に内緒で今すぐ1万円借りたいという方に選ばれているサービスとなります。

 

もしもあなたが以下の条件を満たしているのなら、ウェブ完結申込の利用が可能となります。

 

  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行の銀行口座を持っている
  • 社会保険証もしくは組合保険証
  • 給与明細書(直近2か月分)

 

WEB完結申込が適用されれば、郵送物だけでなく、勤務先への「電話」や本人確認の「電話」もカットできます。

 

利息 無利息サービス 最高限度額 審査結果
3.0〜18.0% なし 800万円 最短30分(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

アイフル

 

ご融資が可能かどうかを1秒で診断できる「1秒診断」サービスが準備されています。

 

個人情報を入れずに手軽に診断できるのでお勧めです。

 

WEB完結であれば、郵送物が一切ない状態のでキャッシングも可能です。

 

アイフルでも初回サービスが準備されており、契約翌日から最大30日間の無利息サービスが受けられます。

 

利息 無利息サービス 最高限度額 審査結果
3.0〜18.0% あり(契約日翌日から) 800万円 最短30分

 

今日中に1万円即日で借りる5つの条件

 

当然ですが、誰でも今日中に1万円借りれるわけではありません。

 

今すぐ1万円借りれる人と借りれない人

 

審査に通る必要がありますが、その審査に申し込むためにも条件があります。

 

今日中に1万円即日融資で借りるための5つの条件を以下にご紹介します。

 

  1. 年齢と職業
  2. 必要書類の準備
  3. 審査可能時間
  4. 異動情報
  5. 在籍確認

 

年齢と職業

 

今すぐ1万円借りたいあなたが何歳であるか?

 

また、定職について毎月安定した収入があるのかどうか?

 

この2点(年齢と安定した収入)は、キャッシングする上で最低条件として求められます。

 

具体的には、大手の消費者金融で規定されている条件として、年齢は「20歳以上69歳まで」というのが一般的です。

 

70歳以上は審査が出来ませんし、契約中の方が70歳になれば新規の借り入れが出来なくなってしまいます。

 

安定した収入に関しては、その勤務形態(正社員・派遣社員・アルバイト・パートなど)は問われることはなく、収入額に応じた融資が可能となっています。

 

貸金業法(総量規制)においても、年収の三分の一以上の貸し付けを「過剰貸し付け」と規定して禁止されています。

 

貸金業法第十三条の二:当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額をいう。次条第五項において同じ。)を超えることとなるもの(当該個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるものを除く。)をいう。

 

 

審査に通れば、必ず年収の三分の一まで借りれるというわけではありません。

 

上限が三分の一までであり、各社独自の審査における総合的な判断によって「利用限度額」は決められます。

 

ただし、今すぐ1万円借りたいというニーズに関しては、安定した収入があれば利用限度額が足りないといった状況にはならないので安心しましょう。


 

必要書類の準備

 

必ず必要になる書類と、状況によって必要になる書類の2種類があります。

 

身分証明書

 

消費者金融や銀行から借り入れをする際には、まず必ず必要となる書類として「身分証明書」があります。

 

1万円即日融資の身分証明書にパスポートを提示する男性

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

 

これらの証明書には「顔写真」が掲載されているため、どれか1点での提出で認められるケースがほとんどです。

 

しかし、顔写真が付いていない書類に関しては、それ単体では認められず追加で1点が求められます。

 

  • 健康保険証+住民票
  • 健康保険証+公共料金の領収書

 

仮に、顔写真が付いている書類が手元にあるとしても、そこに記載されている住所と現住所が異なる場合もあります。

 

そういった方の場合には、やはり追加で書類の提出が求められます。

 

いずれにしても1万円即日での借り入れを希望される場合には、身分証明書が必ず求められますので準備するようにしましょう。

 

運転免許証やパスポートが無いという方は、今後のためにマイナンバーカードを申請しておくと何かと便利になるでしょう。

 

マイナンバーカードは役所から「通知カード」というものと一緒に申請書類が届けられているはずです。

 

通知カード(顔写真なし)とマイナンバーカードは別ものですので、混同しないように注意してください。

 

2020年5月に通知カードの新規発行が停止されました。

 

通知カードの一緒に同封されていた交付申請書があれば、今後も引き続きマイナンバーカードの申請は可能となっています。

 

交付申請書があれば、スマホやパソコン上からマイナンバーカードの申請が可能となっています。

 

参考:総務省(マイナンバー制度とマイナンバーカード)

 

収入証明書

 

以下に該当する場合には、必ず収入証明書の提出が求められます。

 

  • 申込の際の利用限度額が50万円を超える場合
  • 他者を含めて借入合計金額が100万円を超える場合

 

貸金業法第十三条3:貸金業者は、前項の場合において、次の各号に掲げる場合のいずれかに該当するときは、第一項の規定による調査を行うに際し、資金需要者である個人の顧客から源泉徴収票その他の当該個人顧客の収入又は収益その他の資力を明らかにする事項を記載し、又は記録した書面又は電磁的記録として内閣府令で定めるものの提出又は提供を受けなければならない。

 

これは上記でご紹介したい貸金業法第十三条の中に規定されており、これらの条件を超える場合には必ず収入を証明する書類の提出が求められます。

 

収入証明書としては、以下のものが挙げられます。

 

  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 確定申告書
  • 青色申告書
  • 所得証明書
  • 年金通知書

 

いずれの書類も「最新」のものが求められます。

 

これらの書類に関しては、勤務先や役所から渡されるものであり、多くの場合が自動で手に入るものばかりです。

 

1万円を即日で借りたいといった場合には、基本的に収入証明書の提出は求められませんが、審査次第では求められるケースもあるため準備しておくと安心です。

 

 

必要になる収入証明書の種類に関しては、キャッシング会社によっても異なります。

 

準備する際には借り入れする会社の公式HPの「必要書類」のページで事前に確認しておきましょう。


 

審査可能時間

 

今日中に1万円借りたい場合には、今日中に「申込」から「審査」→「契約」まで終える必要があります。

 

今すぐ1万円借りたい時の審査制限時価

 

審査の「申込」に関しては、インターネットで24時間受付がなされているケースが多くあります。

 

なんとなく24時間いつでも申し込めて、いつでも審査をしてくれると考えがちですが、違います。

 

審査が実施される時間というのは各社決まっていまして、おおよそ「9時から21時までが審査実施時間」となっています。

 

大手の消費者金融であれば、平日のみならず土日や祝日でも審査が実施されており、土日や祝日であっても即日での1万円融資は可能となっています。

 

審査実施時間内に結果を受け取る必要があるため、今日中に1万円借りたいということであれば、遅くても20時までには審査の申し込みを済ませておく必要があります。

 

即日融資希望→当日20時までには審査申込を行うこと

 

銀行カードローンの場合には、審査において「保証会社」が代行することもあり、即日での1万円融資は難しくなっています。

 

銀行カードローンに限らず、「即日審査」と「即日融資」は別ものですので、混同しないように注意しましょう。

 

その日に審査をしてくれる「即日審査」を謳っている業者でも、その日に融資をする「即日融資」には対応していないケースもあります。

 

しかし、消費者金融の大手であれば審査時間は最短30分、融資まで最短1時間とスピーディーな借り入れが可能となっており、今すぐ1万円借りたい消費者には選ばれる商品となっています。

 

 

スピーディーな手順で申込から借り入れまでを進めたい場合には、こちらの「【コスパ最高】実際の借り入れ手順(手続きの流れ)(ページ内移動)」を参考にしてみて下さい。


 

異動情報

 

個人信用情報機関に、「異動情報」が載せられている方の場合には、1万円といえど即日といえど、借り入れ自体が不許可になってしまいます。

 

1万円即日融資の審査に落ちた男性

 

個人信用情報機関とは、個人の金融取引の履歴を逐一記録して保管しているところです。

 

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

クレジットカードを作ったり、そのカードで買い物したり、リボルビング払いで返済したり…。

 

スマホを分割で購入して、その代金を毎月返済したり…。

 

なにも消費者金融や銀行カードローンから借り入れした記録だけが残されているわけではありません。

 

これらの記録の中には、年齢や住所などの個人情報だけでなく、借り入れした商品や借入額、返済日や返済状況、遅延や延滞、強制解約など…。

 

あらゆる記録が保持されているわけですが、この中で異動情報に該当するのが以下になります。

 

  • 長期延滞
  • 強制解約
  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 自己破産

 

こういった金融事故に関する情報を「異動情報」と呼び、これがいわゆる「ブラックリスト」とよばれる情報になります。

 

過去にクレジットカードの支払いや携帯端末代の支払いを2か月以上延滞した過去がある場合など、その場合には異動情報が残っている可能性が高くなります。

 

申し込みを受けた貸金業者は、法律上必ず信用情報機関に申込者の情報を参照する義務があります。

 

貸金業法第十三条2:貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。

 

上記3つの信用情報機関は、それぞれ情報を共有する仕組み(CRIN、FINE)を持っており、過去に事故を起こした金融業者がいずれかの機関に加盟しているかを問わず、過去の異動情報は判明するような仕組みとなっています。

 

「過去に銀行カードローンで長期延滞をしてしまったけど、消費者金融からは今回が初めてだから、バレないだろう…」

 

間違いなく、業者側としては把握できますので、審査に通過する確率は非常に薄くなってしまいます。

 

 

長期延滞や強制解約などの情報は、各機関で保持期間は異なりますが、およそ5年から10年といわれています。

 

新規で各種ローン契約や割賦契約を行う際には、これらの情報が削除されるまで待つしか方法がありません。


 

在籍確認

 

貸金業者は、信用調査の一環として「在籍確認」が必ず行われます。

 

在籍確認とは、読んで字のごとく、あなたが会社に「在籍」しているかどうかを「確認」する作業となります。

 

今日中に1万円借りたい人の審査(在籍確認)

 

具体的には、勤務先に電話を入れ、本当に在籍しているのかどうかを確認します。

 

「え、会社に電話されちゃうの?同僚にお金借りてるのバレるじゃん!」

 

こういう風に思われた方もおられるのではないでしょうか?

 

「キャッシング会社〇〇の田中と申しますが、営業部の吉岡さんにお繋ぎ頂けますか?」

 

確かに、こういった内容で電話をされてしまっては、勤務先の人にあなたがキャッシングしている事実が筒抜けになってしまいます。

 

しかし、実際にはこういった対応はありえませんのでご安心下さい。

 

キャッシング会社にも個人情報保護を守る義務がありますので、実際には以下のような配慮のもと在籍確認が実施されています。

 

  • 個人名で電話される
  • ナンバーディスプレイで調査されないように「非通知」で電話される
  • 本人が出た場合は氏名や申込の事実に間違いないかの確認程度で終話
  • 本人以外が出た場合には「席を外しています」といった内容の返答が得られれば目的クリアとして終話
  • 本人以外が出た場合には、用件を伝える事はなく、かつ「こちらからかけなおします」といった返答で自然に終話

 

多少アナログ的な対応の部分も見受けられますが、実際には会社の人にバレるといった心配は不要となっています。

 

キャッシング会社の審査担当者も、なん百、何千と在籍確認を行ってきています。

 

不自然にならない受け答えや対応には熟達しきっておられますし、在籍確認を過度に恐れる必要はありません。

 

それでも心配だと感じる方には、私もいつも準備している言い訳をご紹介したいと思います。

 

新しく作ったばかりのクレジットカード

 

それは、「クレジットカードを作ったため」というシンプルな言い訳です。

 

今の時代、クレジットカードを2枚や3枚作るのは珍しいことでもなく、またお金を借りているというような後ろめたい気持ちになる必要もないのが実情です。

 

もしも万が一、勤務先の受付担当者が「変な電話ありましたけど…」と不振の目を持って問いかけてきた場合には…。

 

「こないだクレジットカードを作ったから、その確認の電話かもしれない」

 

こういった感じで返答すれば、それ以上なにか言われることは無いでしょうし、自然に疑いの目をかわすことができます。

 

  • 「会社の情報を流用したりしてないか」
  • 「社外で良からぬことをしているのではないか」

 

 

良からぬ疑いをかけてこられるケースが万が一無いとも言い切れませんので、念のために備えとして、こういった言い訳を準備しておくと安心です。


 

\今日中に1万円借りたい人/

今なら無利息サービス適用が可能

 

今すぐ1万円借りたい時の具体的な手順

 

「今すぐ1万円借りたい時に、どういった手順で申込作業を進めればいいのか…」

 

実際に借り入れする時には、出来るだけスムーズに手間なく済ませたいですよね?

 

【コスパ最高】実際の借り入れ手順(手続きの流れ)

 

このページをご覧になっているあなたであれば、何らかのインターネットに接続できる環境(端末)を持たれていることでしょう。

 

自宅のネット環境

 

そのことを前提として以下に効率的な手順をご紹介したいと思います。

 

  1. 公式HPでオンライン予約を入れる
  2. オンライン上で必要書類を提出する
  3. 審査結果を待つ
  4. 審査結果を受け取る
  5. 近くの自動契約機へ移動する
  6. 自動契約機で契約手続きを済ませる
  7. その場でローンカードを受け取る
  8. 併設されたATMから現金1万円を引き出す

 

細かく分けて手順を記載しましたので、8ステップもありますが、実際には大きく以下の流れを覚えておけばOKです。

 

  1. オンライン予約
  2. 自動契約機で契約
  3. ATMで出金

 

この手順の中には、審査結果を受け取った後に「自動契約機へ移動」する手順が含まれています。

 

一切合切、移動なし自宅の部屋で今すぐ1万円借りたいといった方には、以下の手順をご紹介します。

 

  1. 公式HPでオンライン予約を入れる
  2. オンライン上で必要書類を提出する
  3. 審査結果を待つ
  4. 審査結果を受け取る
  5. オンライン上で契約手続きをする
  6. 契約完了後、会員ページから振り込み依頼を出す

 

この方法であれば、現金1万円を手元に準備することは出来ませんが、あなたの口座に着金させることは可能です。

 

1万円の振り込みを確認する男性

 

ただし、銀行振込で借り入れする方法だと、即日で1万円借りたい場合には「キャッシング会社の審査実施時間」とは違う、「銀行の営業時間という時間制限」が出てくる可能性があります。

 

モアタイムシステム対応か否か

 

即日で1万円を借りるためには、銀行の営業時間内である15時までには着金させる必要があり、それまでに振り込み手続きを済ませる必要があるのです。

 

なので午前中に審査の申し込みをしないと、今日中に1万円借りるというのが難しくなってきます。

 

ただこれに関しても、2018年10月より稼働がスタートした「モアタイムシステム」の導入により、銀行間の送金が銀行の営業時間以外も可能となり、メンテナンスなどを除いて24時間365日振り込みが可能となっています。

 

このモアタイムシステムには、多くの銀行が加盟していますが、未加盟の銀行もあります。

 

未加盟の銀行への振り込みに関しては、従来通り営業時間内(コアタイム)に限られます。

 

当ページでご紹介しているプロミスであれば、約200の金融機関で24時間365日の振込が可能(※1)となっています。

 

利用するキャッシング会社によっても、モアタイムシステムを活用できるかできないかの違いがあります。

 

現状、アイフルに関してはモアタイムシステムに対応していませんので即日融資で、かつ銀行振込での借り入れを希望される場合には注意が必要です。

 

 

大手であればあるほど、申込手順も豊富に準備されており、慣れていない場合には迷ってしまいがちです。

 

郵送や一切の手続きを自動契約機の中で行うなど、即日での1万円融資を実現する為には不可能な方法も沢山あります。

 

コスパ良くスピーディーに今すぐ1万円借りたい場合には、上記の2つの方法のいずれかを採用して行動してみてください。


 

※1:金融機関によって振込実施時間が異なります。ご利用の金融機関の振込実施時間をご確認ください。

 

借り入れ方法と返済方法のすべて

 

【借り入れ方法】

  • 銀行振込
  • 店頭窓口
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • コンビニATM

 

【返済方法】

  • 銀行振込
  • インターネット返済
  • 口座振替(口フリ)
  • 店頭窓口
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • コンビニATM
  • マルチメディア端末

 

基本的に、大手のキャッシング会社では上記の方法が準備されています。

 

「返済方法が銀行振込のみであって、銀行の営業時間外で振込が出来ずに遅延になってしまった…」

 

返済方法の種類が少ない場合、ぎりぎりで返そうとしても間に合わなかったといったことになりがちなのですが、大手であればこれだけ種類が豊富に準備されているので非常に便利です。

 

ただ、これらの方法には「手数料0円」の場合と、逆に手数料が数百円発生する場合があります。

 

借り入れ方法や返済方法を適当に選んでいると、利息とは別に余計な出費を増やしてしまうことになります。

 

手数料を無料で済ませる方法

 

借り入れ方法のうち手数料が無料になるのは「銀行振込」「店頭窓口」もしくは「自社ATM」での借り入れとなります。

 

1万円即日融資の手数料0円

 

【手数料無料:借り入れ方法】

  • 銀行振込
  • 店頭窓口
  • 自社ATM

 

急ぎの場合には提携ATMやコンビニATMでの借り入れを選択せざるを得ない状況になることもあるでしょう。

 

その際には、以下の手数料が発生します。

 

  • 1万円以内:100円+税金
  • 1万円超:200円+税金

 

返済方法において「手数料0円」になる方法は以下の通りです。

 

【手数料無料:返済方法】

  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • 自社ATM
  • マルチメディア端末

 

基本は、銀行口座があれば「口座振替」での申し込みをする方が多いようですが、銀行口座がなくても別の方法で返済することは可能です。

 

借り入れしている会社の自社ATMの場所は、公式HPや会員ページから簡単に調べられるようになっています。

 

この中で見慣れない言葉として「マルチメディア端末」というものがあります。

 

ファミリーマートのマルチメディア端末

 

こちらはコンビニにおいてあり、チケットを購入したり、各種の支払い用に使われる機械です。

 

キャッシングの返済においては、以前はローソンの「Loppi」も返済可能でしたが、現状はファミリーマートの「Famiポート」とよばれるマルチメディア端末のみが利用可能となっています。

 

こちらは近場に自社ATMや店頭窓口が無い方でも、近所のファミマで返済が可能なので活用すると良いでしょう。

 

 

メディア端末でレシートを受け取って、レジで精算という流れになります。

 

返済してすぐに会員ページを確認しても、反映されるまでタイムラグがあり、場合によっては翌営業日になってしまうこともあります。

 

返済日ギリギリだと処理が間に合わず、1日分の延滞料が発生するかもしれませんので、返済は余裕をもって行いましょう。


 

1万円即日融資の審査に通りやすくなるコツ

 

1万円を即日で借りる場合には、すでに紹介しました「今日中に1万円即日で借りる5つの条件(ページ内移動)」をクリアする必要がありました。

 

それにプラスして、さらに以下のことに気を付ければ審査通過率がアップしやすくなります。

 

希望限度額

 

申込の段階で「希望利用限度額」といったものが設定されています。

 

現金10万円

 

ここに最初から「50万円」とか「100万円」とか、高額な金額を申請しないようにしましょう。

 

このページには、今すぐ1万円を借りるために必要な情報を求めてアクセスされている方が多いと思いますので、このような高額な希望額を設定する方は少ないとは思いますが…。

 

大手の消費者金融で申込する際には、この利用限度額の設定が最低で「10万円」となっているケースが多くあります。

 

ですので、念の為に20万、30万と高額に設定するのではなく、1万円借りる目的でも「10万円」で設定しておくほうが審査には有利となるでしょう。

 

 

希望する限度額が50万円を超えてしまうと、必ず「収入証明書の提出が必要になる(ページ内移動)」ことはすでにご紹介しました。


 

申し込みは1件のみ

 

意外とやってしまいがちな審査に不利になってしまう行動として、「申込を複数社に行ってしまう」ということが挙げられます。

 

キャッシング1万円借り入れの申込全部が審査落ちした男性

 

1万円を借りるためなら1社で十分のような気もしますが、それでも落ちた場合のために予備として別会社にも申し込みをする方がおられます。

 

これらの申込情報は、申し込みを受けた会社が審査する段階で信用情報機関に記録が残ります。

 

信用情報を参照したという記録がほぼリアルタイムに残されるため、別の会社に申し込みをすれば「うち以外にも申し込みしている」ということが把握されてしまいます。

 

短期間に申込が可能な件数については、諸説あります。

 

というのも、各キャッシング会社の審査基準は公開されておらず、独自の審査基準において行われているため真相が分からない為です。

 

ただ、一般的に言われている同時申込の上限としては「3件まで」と言われてはいます。

 

それ以上になると、いわゆる「申込ブラック」として審査に落とされてしまう可能性が高くなります。

 

ただ、やはり1ヶ月以内、1週間以内などに3件も新規で申込をしている申込者に対して、快く契約を結ぼうと思う会社は少ないでしょう。

 

1万円を今すぐ借りたいという要望であれば、落ちた時のためにと3社も申込をするのは過剰すぎます。

 

1件と契約が済めば、かりに1万円を今回借りて返したとしても、解約しない限りは枠がありますので、また後日借り入れすることが可能となります。

 

 

借り入れの枠で足りない場合には、新規で別の会社に申し込むよりも、すでに契約済みの会社に「増額申請」をして枠を増やしてもらう方が手間も少なく、審査にも通りやすくなります。


 

収入証明書を提出する

 

提出が求められていないのに提出する必要はありませんが、念のために収入証明書類を準備しておくと安心です。

 

既に少し説明済みではありますが、審査の段階において信用情報や属性スコアなどに不安な点がある場合には、追加で収入証明書の提出が求められるケースがあります。

 

この場合に手元に準備がなければ、役所で取り寄せたりといった手間が発生します。

 

今すぐ1万円借りたいといった即日での借り入れを希望されている方にとっては、この手間は致命的なダメージになりかねません。

 

午前中に申し込みをしていた場合などは、まだ市役所などに足を運んで書類を発行してもらう時間があるかもしれませんが、それこそギリギリの19時とか20時に申し込みをした方に関しては即日は不可能となってしまいます。

 

 

キャッシングにおける収入証明書類については「こちら(ページ内移動)」で詳しく解説しています。


 

1万円即日で借りる場合の利息

 

1万円借りた際の利息はいくらになるのでしょうか?

 

利息に関しては、利息制限法によって上限が制限されています。

 

利息制限法(利息の制限)

第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

 

 

借り入れ元本が10万円未満であれば上限が年利20%、10万円以上100万円未満なら上限が年利18%、100万円以上なら上限が15%と制限されています。


 

1万円借りて30日後に返す場合の利息

 

利息を出す為には、以下の計算式が必要となります。

 

利息=借入金額×利息÷365×借入日数

 

仮に1万円を30日間、利息が消費者金融に多い18%で借り入れしたとします。

 

10,000円×0.18÷365日×30日=147円

 

1か月間借りて、一括で返済した場合には、1万円借りて利息は「147円」となります。

 

1万円30日借りた時の利息147円

 

 

お金を借りる事に抵抗がある方、利息が高いのではないかと不安に思っている方、この金額を見てどう思われるでしょうか?

 

私としては、人に頭を下げて嫌な思いをお互いする必要なく、担保なし保証人なしで借りれるキャッシングというサービスには、大変お世話になっており感謝しています。


 

毎月コツコツ返済する場合の利息

 

1万円を即日で借りた場合には、一括で返済してしまうケースが多いと思いますが…。

 

キャッシング会社の返済の基本としては、「毎月一定額を返済する」という「リボルビング払い」が採用されています。

 

あくまで目安となりますが、仮に1万円を金利18%で1年間借りたとしましょう。

 

あくまで目安となりますが、1万円を12回払いで返済する場合の利息と毎月の返済額は以下のようになります。

 

回数 返済額 利息 残高
1 916円 150円 9,234円
2 916円 138円 8,456円
3 916円 126円 7,666円
4 916円 114円 6,864円
5 916円 102円 6,050円
6 916円 90円 5,224円
7 916円 78円 4,386円
8 916円 65円 3,535円
9 916円 53円 2,672円
10 916円 40円 1,796円
11 916円 26円 906円
12 919円 13円 0円
合計 10,995円 995円 0円

 

毎月916円ずつ返済し、最後に差額も含めた919円の返済を行うことで完済となります。

 

利息の合計金額は1年間借りて「995円」です。

 

繰り上げ返済が大切な理由とは?

 

1万円を借りて30日で一括返済すると「147円」であり、12回払いで1年間借りると「995円」となります。

 

金額自体の高低は別として、30日で返すか、1年で返すかで利息の金額が「約7倍」違うという点に注目してください。

 

ここでは1万円を借りた場合の金額なので、それほど違いが大きいと感じにくいかもしれませんが…。

 

これが仮に10万円の借り入れをした場合だとすると、どのくらい変わるのか以下で比較してみます。

 

  • 10万円を年利18%で30日借りた場合は「1,479円」
  • 10万円を年利18%で1年間借りた場合は「10,011円」

 

同じ条件で20万円借りた場合には以下の通りです。

 

  • 20万円を年利18%で30日借りた場合は「2,958円」
  • 20万円を年利18%で1年間借りた場合は「20,027円」

 

利息は残っている元金に対して日割りで計算されます。

 

簡単な話が、「長く借りれば借りるほど利息は高くなる」という仕組みになっています。

 

利息制限法を遵守する正規の貸金業者であれば、上限利息が20%ですので、それ以上での利息は求められません。

 

 

これが闇金となると利息が365%とか1000%以上とか、恐ろしいほどの勢いで毎日利息が膨らみ続ける仕組みになっています。

 

闇金が短期の貸し出しが多いのも、現実として1年も借りられたら返済できるような金額ではなくなってしまうからです。


 

脱線しましたが、利息を抑えるためにも余裕があるときには積極的に「繰り上げ返済」を行う必要があります。

 

 

また脱線しますが、闇金は繰り上げ返済を受け付けなかったりすることもあります。

 

返済日になると音信不通になったりして、そのうえで遅延料を請求して来たりします…。怖いですね…。


 

大手のキャッシング会社であれば、繰り上げ返済に関して特別な手続きなど必要ありません。

 

ATMや会員ページ上からインターネット返済するなど、自由に返済が可能となっています。

 

\今日中に1万円借りたい人/

今なら無利息サービス適用が可能

 

安全なキャッシングの見分け方とは?

 

闇金について少し触れましたが、ここではもう少し詳しく解説してみたいと思います。

 

貸金業者の登録番号を調べる男性

 

当然ですが、闇金を勧めるのではなく「リスクを回避する為の知識」として解説させていただきます。

 

闇金と登録貸金業者の見分け方

 

財務局や都道府県に登録している業者を正規の貸金業者といいます。

 

見分け方としては、非常に簡単です。

 

 

連絡先が携帯番号である業者は、「090金融」などと呼ばれる闇金だと判断しましょう。

 

利息が「利息制限法(ページ内移動)」を超える業者は、明らかな法律違反であり非合法の貸金業者だと判断できます。

 

闇金業者の悪質な事例

 

  • 深夜の取り立て
  • 勤務先への訪問
  • 家族への取り立て
  • 玄関への張り紙
  • しつこい電話
  • 罵声・恫喝

 

箇条書きで紹介すると、こういった感じになります。

 

他にも、返済日になると返済させないという荒業だったり、頼んでもいないのに勝手に自分の口座に入金されて利息を請求されたり…。

 

近頃は世情に合わせてか、ソフト化している闇金が増えているともいわれます。

 

利息こそ高いものの、短期での貸し出しで100%返済不可能な範囲ではなく、既に大手の貸金業者などから借りれないブラック化している消費者でも即日で貸し出すなど…。

 

利息が高いこと、闇金であることなど、こういったことを考慮した上で借りてしまう方も少なくないようです。

 

闇金だと分かって借りる人とは別で、闇金だと最初は気づかずに借りてしまう方もおられる点に注意しましょう。

 

昨日も私の携帯にショートメールで以下のような勧誘が届きました。

 

【必見スピード融資】

 

おめでとうございます!
このメールを受け取られた限定のご案内になります。
大手クレジットカード会社よりも低金利融資のご案内です!

  • 身分証があれば誰でも融資可能!
  • 100万円借りて返済は月に1,000円から
  • 電話のみで最短融資
  • 初回3か月は返済不要

 

SNSでも普通に探すと闇金と思われる業者は山ほど見つかります。

 

立派なHPを構えている業者も中にはありますし、案外信頼している知人から「便利で安全だよ」と勧められたりすることもあります。

 

 

一度借りると、あなたもアンダーグラウンドにおける優良顧客入りです。

 

お金だけではなく、あらゆる危険な勧誘のターゲットになってしまうリスクがあることを重々お忘れなく!


 

キャッシング以外で今すぐ1万円借りる方法【審査不要も含む】

 

質屋から借りる

 

少額のお金を借りる時には質屋を使う方法もあります。

 

質屋で現金を借りる

 

質屋で1万円を借りる場合には、質となる品物を預ける代わりに審査なしで借りる事が可能となります。

 

最近ではブランド品や貴金属の買取をするイメージが強いですが、本来はお金を借りる場所でもあるのです。

 

基本的なシステムとしては持ち込みをした商品の査定を受けて、その額分を借入するといった形になります。

 

商品を担保にしてお金を借りることになるので、買取よりも低い額になることが多いです。

 

ただ1万円という額であれば、そこまで貴重なものでなくとも付けてもらえるでしょう。

 

一般的に質屋の返済期間は3ヶ月以内となっていて、この期間内に返済する約束です。

 

ただ返済ができなかったとしても、担保にした商品が戻らなくなるだけなのがポイントになります。

 

つまり借りたお金の返済はしなくても大丈夫です。

 

ただし質屋でも返済には金利がつきます。

 

この金利が月利にして9%、年利にすると109.5%が上限となっていて、かなり割高だと言えるでしょう。

 

 

信用情報機関への参照や登録は行われない為、情報がブラック化している方でも利用できるというメリットがあります。

 

万が一、返済できなかったとしても、取り立てや督促は行われず、預けた品物が返ってこなくなるだけという仕組みとなっています。


 

家族や友人から借りる

 

1万円という額を考えると、質屋などを使わずに「家族や友人から借りる」という手段もあるでしょう。

 

実家の両親

 

ただお金の貸し借りというのは、関係性を悪化させるものでもあります。

 

誰だってお金を貸してくれといわれて良い気持ちがするはずがありませんので…。

 

友人と何度も貸し借りを繰り返していると、いずれそれが当たり前のような感覚になってしまい、ある日突然、いつもの感覚で返済が遅れることを友人に伝えると…。

 

烈火のごとく怒られた…、なんてこともあります。

 

「なんだよアイツ、アイツだって返済が遅れたことあるのに自分だけ怒りやがって…」

 

自分だけが損したような気分なりますが、そもそもお金の貸し借りをしている時点で原因もお互い様なのです。

 

ようは表面上はお互い様だからと気分よく貸してくれていても、内面ではストレスが溜まっていていつ爆発してもおかしくないような状態になっていることが多いのです。

 

ちょっと虫の居所が悪いだけで、いつ暴発してもおかしくありません。

 

そのため少額であっても、借りるのであればそれなりの覚悟が必要です。

 

それでも友人や身近な人から今すぐ1万円貸してもらおうというのであれば、きちんと返済をするようにしてください。

 

返済する時に、おまけでグミやフリスクなどを1個買って、利息替わりに付けてあげるなど、何らかの配慮があると関係性悪化のリスクが減らせます。

 

家族や友人といった関係性に甘えるのではなく、いつまでに返済すると決めたのなら確実に行うようにしましょう。

 

この約束を破ってしまうようだと、関係が悪化してしまっても文句は言えません。

 

身近な人との関係悪化は、人生の幸福感にもダイレクトに悪影響を及ぼします。

 

例えどんな理由があっても、返済ができなければ縁を切られる可能性があります。

 

 

最悪の場合は借りたお金を返さないという話が、当人だけではなく周囲に拡がることも考えておくべきです。

 

つまり家族や友人というのは気軽に借りられるようでいて、実はかなりリスクの高い方法だと言えるでしょう。


 

銀行のローンを利用する

 

銀行では多様なローンを用意しています。

 

銀行の看板

 

その中で用途が限定されないものを考えるとこちらの2つあります。

 

  • カードローン…キャッシングと同様に、枠をもらって借入をするタイプ
  • フリーローン…借り切りタイプのもので、借りた後は返済専用

 

一般的にフリーローンの方が金利は低くなるでしょう。

 

キャッシング会社よりも銀行が提供するローンは、いずれも金利が低いのが特徴です。

 

ただし即日での融資ができません。

 

ネットバンクなどは融資までのスピードが速いとされますが、それでも1週間〜2週間はかかります。

 

一般的な銀行だと2週間〜3週間程度は見ておくべきです。

 

カードローンの審査には、警察庁データベースの参照が義務付けられ、これによって即日での融資が事実上不可能となっています。

 

1万円という借入額だと審査のハードルも下がるのですが、直ぐに借りることはできません。

 

クレジットカードを使う

 

クレジットカードにはショッピング枠の他にも「キャッシング枠」がついているものがあります。

 

このクレジット枠を使って、お金を借りることが可能です。

 

ATMなどから借入ができるので便利なのですが、リボ払いにしていないと一括返済になるので注意しましょう。

 

またカードによってはクレジットとショッピングの枠が同一のものがあります。

 

例えば限度額が20万円だとして、既にショッピングで20万円ぎりぎりまで融資を受けていましょう。

 

 

この時に枠が同一のものであれば、1万円の借入ができません。

 

枠が別のカードであれば問題なく融資を受けられます。


 

クレジットカード現金化には注意が必要!?

 

クレジットカードを使った現金調達法として、「クレジットカードの現金化」という方法があります。

 

これに関しては、少し注意が必要だといえます。

 

簡単にクレジットカード現金化の仕組みについてご紹介したいと思います。

 

  1. まず業者指定の商品を購入する
  2. 購入した商品を業者に買い取ってもらう
  3. 業者から現金を払ってもらうことで現金調達完了

 

ただし、商品を業者が買い取るときは、商品の購入代金の50%〜90%と業者によって幅はあります。

 

例えば、10万で買った商品を業者に売って7万を調達するという方法です。

 

これって凄く損するってことが分かりますか?

 

結局、この方法を使った人は、後日10万円の支払い債務が残った上で、7万円しか調達できないのです。

 

別の考え方をすると、10万円の債務を追って7万円借りるわけですから、借りた瞬間に3万円もの金利というか手数料というか、強制的に負担を負わされる仕組みなのです。

 

クレジットカード現金化の業者の中には、還元率が90%を超えているところもあるようですが…。

 

 

中には見せかけの数字だけで実際に利用するとなんだかんだで手数料が引かれて、今紹介したような50%とか70%とかの還元率になるケースも多いようです。

 

そもそもクレジットカードの現金化自体がカード会社の規約に違反しているケースが多いですし、見つかればクレジットカードの解約や一括請求などといったペナルティーを課されるリスクがあることも覚えておきましょう。


 

生命保険契約者貸付

 

対象者が限られてしまいますが、生命保険加入者の中には「生命保険契約者貸付」によって1万円を借りる事が可能な方がおられます。

 

生命保険証書

 

これは、生命保険の貸付制度であり、加入者が受け取る権利がある「解約返戻金」を担保にして貸し出される融資となります。

 

加入する生命保険によって違いはありますが、解約返戻金の7割程度までは貸付が可能なケースが多くなります。

 

生命保険を解約せずに利用できるため、利用が可能な方はこちらを利用してみるのも良い方法となります。

 

ただし、長期延滞などを起こせば生命保険契約が失効するといったデメリットもあることをお忘れないように!

 

単発アルバイトで1万円稼ぐ

 

借りるという発想から展開させて、稼ぐという方法もあります。

 

引越しの日雇いバイト

 

1万円稼ぐ為には、日給のアルバイトでどのくらい働けばよいのでしょうか?

 

全国の短期アルバイト・単発バイトの平均日給は、全国平均で時給1,022円といわれます。

 

となると、1日に10時間も働けば1万円は稼げる計算になります。

 

 

「日雇いアルバイト 〇〇(地域名)」など、あなたがお住まいの地域名で検索をかければ、今の時代は単発アルバイトは山ほど見つかります。

 

借りることに比べると、手間と労力が発生しますが、返済の義務がない分メリットも大きいものです。


 

まとめ

 

今すぐ1万円借りたい人の為の5つの方法について解説してきました。

 

今すぐ1万円借りたい|まとめ

 

結論からお伝えすると、大手のキャッシング会社から借入するのが法律の範囲内での利息で利用可能ですし、実に真っ当な方法だと言えます。

 

  • 大手なら即日融資にも対応している
  • 貸金業者の中では比較的に金利が低い設定
  • 業者によっては無利息期間がついてくる
  • 街金よりもサービスが充実している

 

勿論、返す必要があるお金ですので、借りなくて済むのであればそれが一番です。

 

借りる以上は責任が伴いますので、その責任を果たせないとなると以下のようなペナルティーが科せられます。

 

  • 遅延損害金の発生
  • 信用情報機関に傷がつく
  • 新規でクレジットカードやローンを組めない
  • 督促状が自宅や会社に届く
  • 延滞が長引けば裁判沙汰にも発展しうる

 

とはいえ、今すぐにでも1万円が必要だという状況を改善できないことによるリスクが、目の前に迫っているのであれば…。

 

安全に借りて、計画的に返済をする!ルールを守れば、借りていることを誰にも知られずに1万円を準備できます。

 

万が一、返済に遅れるようなことがあっても、闇金のような法外な取り立てや嫌がらせ行為などは貸金業法で禁じられています。

 

返済が厳しいと分かった時点で、速やかにコールセンターに相談をしましょう!

 

目の前のリスクに対処せずに不安なまま時を過ごすことと、大手の消費者金融を活用して返済の義務を負いつつリスクを排除するということ!

 

 

この2つを比べてみて、どちらが賢い行動なのでしょうか?

 

もしもあなたが、今すぐ1万円を借りたいと思っておられるのであれば、法律で守られた安全なキャッシングサービスである以下を検討してみて下さい。


 

\今日中に1万円借りたい人/

今なら無利息サービス適用が可能