【目安】札幌市と浦安市間の引っ越し費用はいくら?

札幌市から浦安市へ、もしくは浦安市から札幌市へ引っ越しをご検討されているあなたへ!

 

引っ越しの荷造り風景

 

まずは、両市間の引っ越し費用の目安をご確認下さい。

 

札幌市⇔浦安市の引っ越し費用【目安】

単身 2-3人 4-5人
約3〜11万 約7〜30万 約9〜36万

 

引っ越しの費用には「定価」がありません!

 

申し込みの時期や荷物の量、作業の人数や時間帯、業者の選択など、色々な条件で費用が決まります。

 

上記の金額はあくまで目安ですが、札幌市⇔浦安市の引っ越し費用においてもいえることがあります。

 

それは、同じような人数、荷物の量でも支払う金額に「倍以上の差がつくケース」は珍しくありません。

 

札幌市と浦安市の基本情報

  • 札幌市の人口:約195万人
  • 浦安市の人口:約16万人
  • 両市間の距離:約1,158キロ

【最大50%OFF!】札幌市⇔浦安市の引っ越し費用を格安にする方法とは?

「札幌市と浦安市」間の引っ越し費用を安く抑えたい!

 

引っ越し依頼をする女性

 

そう考えているあなたにとって、「必要な一手間」があります。

 

それが、一括見積もりサイトを使うということです!

 

この一手間をこなすか否かで、札幌市と浦安市間の引っ越し費用が大きく変わります。

 

仮に適当な1社に見積もりを依頼する場合、ほぼ間違いなく足元を見られます。

 

費用が割高になるってことですね。

 

会社の経費で引っ越しが出来る場合など、お金に余裕がある引っ越しであれば問題ないでしょう。

 

しかし、そうでない場合には「非常に勿体ない選択」をしたことになります。

 

しかも、その一社が「無登録業者」で悪質だったら…、割高な費用におまけしてトラブルまでついてくるかも…。

 

一括見積もりサイトを使えば、複数の引っ越し業者に競争させることができます。

 

この時点で、値段交渉的にあなたの方が優位に立てます!

 

引っ越し値段の交渉をする男性

 

勝手に値段は安くなっていき、あなたにとっての「最安値」での引っ越しが可能となります。

 

これを自力で一社一社電話してやり取りするのは、非常に大変だし途中で断念しがちです。

 

確実に消耗するでしょう…。

 

そこで役立つのが一括見積もりサイトです!

 

一度、サイト上で引っ越しに必要な情報を入力すれば、引っ越しの相場や複数社の見積もりを簡単にゲットできます!

 

引っ越し業者側も、一括見積もりサイトを経由した時点で「相見積もり」だと認識します。

 

※相(あい)見積もり…同じ条件で複数の見積もりをとること

 

つまり、自分たちが比較されたうえでの引っ越し依頼だと分かりますので、他社の値段を意識した見積額を最初から提示せざるを得ないのです。

 

その上で、あなたがめぼしい業者に「訪問見積もり」に来てもらい、さらにそこでも値段交渉が可能となります。

 

訪問見積もりの風景

 

一括見積サイトを通すこと自体は一手間ではありますが、この一手間を出来るだけ「楽」に、かつ「効果」を最大限に発揮させる方法、それが一括見積もりサイトなのです。

 

巷には数多くの引越し見積もりサイトがありますが、提携している業者の数や質、実績やサービスの充実度などはバラバラです。

 

私も実際に使った経験がある、業界大手の引越し見積もりサイトなら安心して活用できます。

 

 

引越し価格ガイドは日本の企業に運営されている一括見積もりサイトです。

 

なぜ、この見積もりサイトなのか?

 

大きく3つの情報にまとめましたので、是非参考にしてみてください。

 

サイトの規模が大きい

 

引越し価格ガイドの規模が大きいと言える根拠ですが、以下の通りです。

 

  • 紹介数が2018年10月時点で3,110万件を超えている
  • 260社以上の業者と提携している(業界最大規模)
  • 全国的にも有名な業者とも関わりを持つ
  • 運営が海外の引っ越しにも対応している

 

一般的な小規模の情報サイトには、これらの特徴は見られないのではないのでしょうか?

 

ちなみに、見積り額はあなたの条件に厳選された10社未満から提示されます。260社全部から見積もりがとれるわけではありません。仮にそんな数の見積もりが取れたとしたら、そのあとの電話対応が大変ですね…。その約10社程度の見積もりから、めぼしいところを3社程度に絞ってから訪問見積もりへと進むのが一般的な流れとなっています。

 

全国対応している

 

掲載されている業者の情報は、一部の地域だけではありません。

 

全国対応であるため、どこへ引っ越す場合でも日本国内であれば業者の情報がヒットするのです。

 

北は北海道から南は沖縄まで、様々な業者の情報が掲載されています。

 

地域密着型の営業スタイルである「マイナーな業者」もチェックできます。

 

あなたの引っ越し先に合った業者が見つかることでしょう。

 

見積もり機能がシンプルである

 

引越し価格ガイドのトップページをチェックすると、見積もり用のボタンが表示されています。

 

ボタンを押下すると結果がチェックできますが、まずは現住所の郵便番号から入力してください。

 

そして引っ越し先となる都道府県と住居のタイプを入力すると、見積もりがスタートします。

 

初めての人でも一目で分かるようなシステムになっていますので安心して使えます。

 

運営会社の企業努力に裏付けされた規模の大きさ、そして全国の業者の情報がわかる利便性が引越し価格ガイドのメリットです。

 

ちなみに、平均すると引っ越し日の2か月前から2週間前くらいまでに利用する人が多いようです。

 

引っ越しの準備や見積もりはできるだけ早い方が後々の負担が少なくなります。

 

引越し価格ガイド公式HP↓
引越し価格ガイド

 

面倒な業者とのやり取りを極限まで減らしたいあなたへ

中には、見積もり登録後の「業者とのやり取りを嫌う方」もおられます。

 

そんな方には、上記の引越し価格ガイドよりも別のサービスが適している可能性が高いです。

 

  • 何度も引っ越し業者とのやり取りが面倒だ
  • ある程度安くなればOK!
  • 引越し予定日まで2週間以上余裕がある

 

こういった条件に当てはまる方の場合は、以下の見積もりサービスが選ばれています。

 

 

あなたに代わって、担当の人が引っ越し業者とのやり取りを「代行」してくれます。

 

業者とあなたが直接「値段交渉」する機会が少ないので、その分、値引き効果は下がります。

 

しかし、自力で引っ越し業者を選定するよりも、業者側での競争は起こっている状態なので、費用自体は割安になります。

 

最安値じゃなくてもOKだよって場合には、損をしない、かつ手軽な引越し代行サービスを活用してみるといいでしょう。

 

引越しラクっとNAVI公式HP↓

引越し前にやる手続きを確認しよう!

引っ越し前にやる手続きや準備とは、どのような内容になっているのでしょうか?

 

代表的な手続きや準備を10項目取り上げてみましょう。

 

転出届や印鑑登録廃止届の提出手続き

 

転出届の提出においては、本人確認書類や国民健康保険証のほか、印鑑登録証と印章が必要です。

 

印鑑登録廃止届では、本人確認書類と登録印の準備が不可欠になっています。

 

賃貸物件の解約と引っ越し会社選び

 

一般的には引っ越しの1か月前に解約申込書を提出し、続いて引っ越し会社を決める流れになります。

 

新居のレイアウト検討

 

新居の寸法と家具や家電を測定し、搬入可能なことを確かめておくことが大切です。

 

不要品の処分と梱包資材の準備

 

荷物を減らすために不要品を処分するだけでなく、不足している梱包資材の準備も進めなくてはいけません。

 

各種配達サービスの変更手続き

 

配達サービスと契約している場合には、引っ越し前に住所変更手続きや解約を実行してください。

 

生活インフラの解約と新規契約手続き

 

解約や新規契約を要する主な生活インフラは、電気ガス水道と固定電話であって、連絡先は以下の通りです。

 

  • 電気は電力会社
  • ガスはガス会社
  • 水道は水道課や水道局
  • 固定電話は総合受付の116番

 

固定電話は新規の通話開始まで2週間ほどかかりますから、引っ越しの2週間前には手続きを始めましょう。

 

郵便物転送の手続き

 

1年間に限られるものの、転送手続きを済ませると旧住所宛ての郵便物が新住所に転送されます。

 

クレジットカードの住所変更手続き

 

住所変更を引っ越し時に手続きしなければ、新しいクレジットカードが新居に届きません。

 

荷物の梱包と旧居の掃除

 

精密機器や家電の梱包は業者に任せ、荷物に番号を振って管理する方法が向いています。

 

旧居の入念な掃除は、修繕費用を抑えるために役立ちます。

 

ご近所さんへの挨拶

 

引っ越し当日には騒がしくなりますから、予定日の連絡を含めてご近所さんへ挨拶しておきましょう。

 

引っ越し前にやる手続きや準備は多岐に渡りますし、これらを怠ると後になってトラブルが発生しかねません。

 

スムーズな引っ越しを実現したいのなら、前もって引っ越しのスケジュールをしっかり立てましょう。

引越し後にやる手続きも確認しておこう!

新居に荷物を運び入れたとしても、役所などの手続きを終えなくては引っ越しそのものは完了しません。

 

今回は手続きの期限に注目しつつ、引っ越し後の主な手続きとその準備を10項目にまとめてみました。

 

転入届や転居届の提出手続き

 

手続きは市区町村役場で行えますが、引っ越し後14日以内に済ませることが望ましくなります。

 

印鑑登録の変更手続き

 

印鑑登録に期限は存在しないものの、新住所での契約締結を見据えるのなら早めに手続きを行う方法が向いています。

 

国民年金の登録住所変更手続き

 

期限は転入後14日以内で、必要書類は年金手帳と印鑑に加えて、免許証などの本人確認書類になっています。

 

国民健康保険の加入手続きや住所変更手続き

 

再加入の手続きは転入後14日以内に求められ、同一市町村内の引っ越しでも住所変更手続きが欠かせません。

 

マイナンバーや通知カードの住所変更手続き

 

引っ越し後14日以内に住所変更の手続きをしないと、罰金が科せられる可能性があります。

 

生活インフラの利用開始手続き

 

入居当日を利用開始日に指定しておけば、引っ越し後すぐに電気ガス水道を利用できます。

 

ただし、引っ越し後には以下の内容に注意が必要です。

 

  • 電気の利用開始が予定より早まる場合には電力会社への連絡が必須になる
  • ガスの開栓には業者の立会いが条件として含まれる
  • 水が出ない場合には故障以外に断水や水道管事故も疑わなくてはならない

 

生活インフラにトラブルが確認されたときには、後回しにせず、早めの対処を心がけてください。

 

運転免許証の記載事項変更

 

運転免許証を所持しているのなら、すみやかに警察署や運転免許センターで記載事項変更を行わなくてはいけません。

 

自家用車の登録変更手続き

 

引っ越し前後で管轄の陸運支局が変わる際には、ナンバープレートを変更する手間が発生します。

 

犬の登録住所変更手続き

 

鑑札が必要な犬を連れて引っ越した場合には、転入や転居から30日以内に登録住所の変更を手続きしましょう。

 

引っ越しハガキの送付

 

親戚や友人に引っ越しハガキを送付したいときには、引っ越し後1か月以内に送付する方法が適しています。

 

引っ越し後にやる手続きでは、引っ越し後14日以内を期限とする手続きが数多く揃っています。

 

こうした手続きを後回しにするとトラブルが起きてしまいますので、引っ越し後の手続きは早めに対応していきましょう。

引っ越しマニアの独り言

リーズナブルな業者を探したいなら、引越し料金を比較してみることをおすすめします。親身になってくれて料金的にも安いところを探し当てることができれば、満足感の多い引越しが出来るでしょう。可能な限りお得に引越ししたいと考えているのであれば、引越しの相場を理解しておくために、複数の業者に見積もりを依頼して比べてみるといいでしょう。それを判断基準として割安かつ信頼に値する業者を絞ってはどうでしょうか?

 

引越し予定の家に移動する荷物は、絶対必要なものだけにしておきましょう。格安で引越しをしたいと言うなら、移動する荷物をなるべく少なくすることが大切になってきます。引越しの見積もりについてですが、どんな引越し業者も料金なしで行なってくれるのが通例です。見積もり代を支払わされることは決してないので、ネット上にある一括見積もりを活用して申し込みましょう。引越しする日取りを引越し業者の言う通りにすれば、引越しに要される費用を予想以上に安く抑えることが可能です。

 

引越しの日程が特に決まっていないのであれば、格安で引越しをすることもできるわけです。あなたが住んでいる近辺にも、いろいろな引越し業者があります。ひとつの地区限定で業務請負をしている業者から、北から南まで名前が知れ渡っている業者まで諸々あります。きちんと引越し業者を比較して選ぶことをお勧めします。引越しする住居に持参する荷物に関しては、絶対必要なもののみにすることが大事です。

 

格安で引越ししたいと言われるなら、持ち込む荷物をできるだけ減らすことが要されます。忙しいからと、2社以上の業者に同時刻に自宅に入ってもらって、引越しの見積もりを提出してもらうのは慎みましょう。そのような場合は一括見積もりを効果的に活用するようにしてください。対応の良さそうな3〜5社に依頼して見積もりを持ってきてもらい、その引越し料金を比較してみれば、はっきりしない引越し費用の概算的な額がわかるでしょう。

 

引越し料金の額の方だけに目を留め、その引越し料金を比較する人がほとんどですが、サービスの中味にも着目しましょう。サービスが低質で激安価格のところは対象外とすべきです。引越しをしようと思ったら、ネット上にある一括見積もりを効果的に利用して見積もりを出してもらいましょう。見積もり料は不要ですし、引越し料金を比較することが出来ます。エアコンの引越しは予定していないとおっしゃるなら、不用品として処分しましょう。

 

行政によっては廃棄処分してくれないので、手堅く確かめてから廃棄した方が安心できます。引越しの見積もりにつきましては、どのような引越し業者もノーチャージで行ってくれるというのが通例です。見積もり代を求められることは皆無なので、インターネットを介してできる一括見積もりを利用して頼みましょう。引越しが決まった時は、業者に依頼することをお勧めします。

 

引越し業者と申しますのは、「大きな会社だから良い」とか「小さな会社だから仕事が粗雑」とは限らないのです。引越し業者を比較して決定しましょう。引越しに必要な費用の相場というものが分からないという方は、幾つかの業者の引越し料金を比較することをオススメします。相場さえ分かっていれば、むちゃくちゃな料金を徴収されることがあっても対処できるでしょう。

 

  • 浦安市役所
  • ADDLESS:〒279-8501 千葉県浦安市猫実一丁目1番1号
  • PHONE:047-351-1111 
TOPへ